信州の山里にある寄宿生活塾の暮らし


by freekids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:フェアトレード( 6 )

e0015223_3421193.jpg

只今、バン・トー・ファンの展示会をさせていただいている
コミュニティー・カフェ『セジュール』さんにて、フェアトレードのお話会を開催しました。

午前の回では、伊那小の子どもたちが来て、
「フェアトレードって何?」「バン・トー・ファンってどんな所?」と勉強していきました。

【フェアトレード】は、私たちがお買い物することで出来る国際協力です。

商品が私たちの手に渡るまでには、たくさんの関わりがあります。
生産者さんや販売店の人たち、そして流通にかかわる人々、
さてまて、お野菜の畑や衣服をつくるための綿を栽培する畑など
大地までつながっていきます。

ものが一体どうやってやってきたのか?
自分のお金が、どんな風にめぐっていくのか?
考えてお買い物するってことは、【自分はどんな世界に暮らしたいか】って
いう、とっても大きなことなのです。

安ければ得をしたって、ついつい思ってしまいます。。
「でもその安さは何で?」
っていったら、その安さの裏で、苦しんでいる人たちや大地があります。

自分の暮らしがhappyにつながっているのか
未来の子どもたちの環境・命を奪ってはいないのか
私たちは今一度、立ち止まってみる必要があるのではないでしょうか?
つながっている、この世界、平和はいつだって自分のところにあります。

フェアトレードは、生産者の自立を支援できます。
商品は環境に配慮してつくられ、作り手も幸せになり、買った人も幸せになり
販売にかかわる人も幸せになり、未来へ大地も託されていく
happyにつながる流れなのです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


e0015223_5498.jpg


さてさて、【バン・トー・ファン ~日本語にすると、夢を織る家という意味です~】の紹介です。

ここはタイのサンクラブリーにあり、ひと山越えるとミャンマーになります。
ミャンマーから逃れてきた孤児の子どもたちが、現在30名ほど暮らしています。
このバン・トー・ファンは、ナートさんとユパさんのご夫婦が営んでいます。

そして村の家族の生活向上のため、37家族に手織り、草木染め、
足踏みミシンでの縫製の指導をし、布製品をつくっているのです。

お話会では、バン・トー・ファンの様子をDVDで見ました。
子どもたちのはじける笑顔や、からだもこころものびのびと自由に動き、
生命力にあふれていました。

【便利な暮らし・物にあふれた暮らし、なんでも買ってくる暮らし】が当たり前になってしまい、
そうして生命力を抜かれてフヌケになってしまった私たちって
なんて貧しいのかしら?
そう感じずにはいられませんでした。

あることの喜びより、ないことの不満を抱き
物を次から次に買っては、簡単に捨ててしまう

買うって便利だけど、買うばっかりだと
自分に都合がよければ、それで構わないという気持ちを育ててしまう。
だってお金払ったじゃない?って。

こころの忘れ物をしてませんか?
そんなことを感じたお話会でした。

さて、来週の12月3日(月)も、このお話会があります。
午前は11時から、午後は14時からです。
ぜひぜひカフェでくつろぎながら、いらっしゃいませんか?

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

e0015223_585988.jpg
◆バン・トー・ファン◆ 
フェアトレード☆冬の展示会 IN セジュール 


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
2012年12月8日(土)まで開催中

【場所】 コミュニティ・カフェ 『セジュール』
     伊那市のいなっせの道路を挟んでお隣り、
『通り町』交差点の角にあります。
     いなっせの駐車場は、1時間まで無料です。

【時間】 11時~16時まで (定休日は水曜、日曜日です)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
☆お気軽にいらして下さい。お待ちしております。
[PR]
by freekids | 2012-11-27 05:13 | フェアトレード | Comments(0)
e0015223_5412452.jpg


山から町へと進出して、
交差点でなにやら
T君と格闘?の練習中?







e0015223_5415142.jpg


麻ひもと縄を使って
稲わらを竹に固定して、、
こ~~んな感じ??







じゃじゃじゃーーん!
案山子ちゃんの完成(^O^)/です


e0015223_5455825.jpg
またまた、なぜこんな交差点で
案山子づくりをしているかといいますと、
ただいま、セジュールにて
【バン・トー・ファンの展示会】を
させていただいております。

セジュールは今年の秋にOPEN!した
『コミュニティー・カフェ』です。

ここセジュールは、さまざまな困難を抱えた若者たちの「学び」「仕事」「社会」
へのステップアップの場として開かれたcafeです。
地域の居場所として、若者や町とともに育ちあう場を目指しております。
私たち、フリーキッズもここでお手伝いしています。




さてさて店内はこんな感じです。
光あふれる吹き抜けの空間が、とても気持ちのよいカフェです。

フリーキッズでもお付き合いさせていただいている、タイのナートさんたちが
丹精込めて手作りしている洋服を、ただいま展示中。。

手で織り、草木で染め、足踏みミシンで縫った、、一点物の服。
心もからだも喜ぶ、、そんな服たちなのです。
そんな気持ちのいい服たちに、ぜひぜひ会いに来てくださいね。

e0015223_543329.jpg









◆バン・トー・ファン◆ 

☆フェアトレード☆
 冬の展示会

 IN セジュール 


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

2012年12月8日(土)まで開催中

【場所】 コミュニティ・カフェ 『セジュール』
     伊那市のいなっせの道路を挟んでお隣り、『通り町』交差点の角にあります。
     いなっせの駐車場は、1時間まで無料です。

【時間】 11時~16時まで (定休日は水曜、日曜日です)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

*目印の案山子ちゃんが、お待ちしておりま~す。e0015223_2175443.jpg
[PR]
by freekids | 2012-11-20 09:19 | フェアトレード | Comments(0)
バーン・トー・ファンには子どもたちの自立支援施設として
バーン・トー・ファンⅡが一部オープンしました。(現在も建設中)

バーン・トー・ファンⅡはホテル、マッサージ、カフェがあり、
子どもたちの職業訓練及び、大人になってからの職場づくりを目的に立てられました。

苦節○○年、、、。
はじめはナートさん自ら、
手作業で自ら土塁を運び穴を掘っていました。
お金のやりくりもとても苦労したそうです。

このプロジェクトはバーン・トー・ファンやひののぼる家の
子どもたち将来のために作られました。
タイの子どもたちへのご支援、よろしくお願いします。

ところで、
バーン・トー・ファンⅡのカフェでは
コーヒー豆を近隣の村から仕入れています。
もちろん無農薬!仕入れたコーヒーはバーン・トー・ファンとひののぼる家の子どもたちが
選別しています。

それを、バーン・トー・ファンⅡのカフェで10代後半の子どもや
若者たちがコーヒーを入れ、お客様にお出しします。

このバーン・トー・ファン・カフェのメニューを見ると、
その名も「バーン・トー・ファン コーヒー」というものがあります。
これがスゴークおいしい!!!!

なぜかというと、
「バーン・トーファン コーヒー」には隠し味として○○○(企業秘密)と
子どもたちからの“愛”が入っています。

この「バーン・トー・ファン コーヒー」は現在、バーン・トー・ファン カフェでしか飲むことが出来ません。
日本ではイベント等で飲むことが出来たのですが、
6月からはついに、バーン・トー・ファン コーヒーを
いつでも飲めるお店が高知にオープンします。

詳しくは、ひののぼる家 を運営する 「NPO法人 輝くいのち」 さん
http://kagayaku-inoti.net/index.html

お問い合わせください。

是非是非、とってもおいしい「バーン・トー・ファン」コーヒーをご賞味ください。

この日はナートさん自らフリーキッズの台所に立ち、
とってもとってもおいし~いバ ーン・トー・ファン コーヒーを入れてくれました。

写真は、コーヒー豆を焙煎しているナートさん。




e0015223_2028957.jpg

[PR]
by freekids | 2010-05-07 20:28 | フェアトレード | Comments(0)

クリスタルボウル

今日はフリーキッズにてナートさんのクリスタルボウルのコンサートがありました。
クリスタルボウルとは水晶の粉を固めたボウルで、大小さまざま、
金やプラチナを含んだクリスタルボウルを使って癒しのメロディーを奏でてくれます。
ボワーンとした心地の良い音と振動に包まれながら、
参加者の皆さんはすっかりリラックス。
多くの方々があまりの心地よさに眠ってしまいました(笑)

ナートさんのクリスタルボウルのコンサートにご参加を希望される方、
まだまだ間に合います!!

明日(4日)、明後日(5日)はフリーキッズにて。

6日(木)は機織りのできる農家民宿『工房ふだん着』(伊那市富県)
      (13:30~15:30 電話0265-72-5799)
7日(金)は長野県伊那市高遠町 
      (13:30~15:30 電話:0265-94-2263)、
8日(土)は長野県妙高市
      (13:30~15:30 電話:0255-72-5672)
       長野県大町市 『青空屋台のおうち』
      (20:00~22:00 電話0261-29-2831)

詳細は各会場にお問い合わせください。
e0015223_23531455.jpg

[PR]
by freekids | 2010-05-03 23:29 | フェアトレード | Comments(0)

浄土のひびき展

東京・杉並にあるお寺、本應寺のご協力で、「浄土のひびき展」を行い、
フリーキッズヴィレッジと交流のあるタイの子どもの家「バーン・トー・ファン(夢を織る家)」の
フェアトレード商品の販売と、ひまなし屋商品の販売をさせていただきました。
たくさんの方々に足を運んでいただき、本当にありがとうございました。

一応、フリーキッズが主催なのですが、、、会場のセッティングから何から何まで、
お寺の方々にお世話になりっぱなしでした。ありがとうございました。

このイベントでは、バーン・トー・ファンを主催するナートさんがタイより来日し、
バーン・トー・ファンについてお話してくださったり、クリスタルボウルを演奏してくださいました。

他にもお香教室があり、びわ葉温灸があり、歌や太鼓のライブがあったりと盛り沢山でした。
そのなかで特におもしろかったのが、「子ども商人」のブースです。
子ども達が材料の仕入れから販売、お店のセッティングまですべて自分たちで考えて、
手作りの品物を販売しました。
フリーキッズの子どもたちの商品も見事完売!!
そして、売り上げの一部をバーン・トー・ファンに寄付しました。

ひまなし屋ではおなじみの「黄金ふりかけ」や「米ぬかふりかけ」の他に、
新商品「にんにく卵黄」を販売!!
なかなかの売れ行きでした。
ほかにも、フリーキッズの周辺で取れた野セリや畑でとれた農産物も販売しました。

とても文章では語りつくせないくらい、盛りだくさんのイベントだったので、今回は来れなかった方も、是非、秋の「浄土のひびき展」にはお越し下さい!!


e0015223_23542222.jpge0015223_23544381.jpg
[PR]
by freekids | 2010-05-02 23:49 | フェアトレード | Comments(1)
e0015223_943191.jpg


   タイの孤児の家から届いた、草木染めの服と小物
   バーン・トー・ファン 春夏コレクション 2006

  〈日時〉2006年2月19日(日)・20日(月)
      10:00~21:00(20日は20:00にて終了)

  〈場所〉aoyama401
       〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-5-9 パル青山ビル4F
       TEL: 03-3406-8820
     URL: http://dekirukana.info/
e0015223_9364885.jpg

※渋谷区東口または地下鉄
表参道駅より徒歩10分
青山通り 中央、
スターバックスコーヒーの角
より直進2分。
ビル1Fは 韓国食堂「アギデジ」

  〈内容〉バーン・トー・ファンの服と小物の展示販売
       バーン・トー・ファン、フリーキッズ・ヴィレッジの写真の紹介

 〈参加費〉無料

       クッキーとハーブティーをご用意してお待ちしています!

詳しくは→ http://www014.upp.so-net.ne.jp/freekids/freekids/fair_trade/fairtradeback2.html

※フェアートレードとは
貧富の差のない、公正な社会をつくるための、貿易のもうひとつの形です。
貧しい地域に暮らす人々に、仕事や技術を提供することで、その地域の人々が、自らの力で暮らしを向上させる支援をしています。
従来の市場主義経済では発注側の市場の変化に、力の弱い生産者が振り回され、さらなる貧困や環境破壊をもたらす結果となってきました。
フェアトレードでは、生産者、消費者などの関係者、全てに公正に接します。
生産者に対し、生産者自身が望ましいと考える水準の生活が保たれるだけの公正な対価を支払います。
フェアトレードでは、与える援助ではなく、対等な立場で自立の支援をする、という理想的な国際協力・経済活動です。
[PR]
by freekids | 2006-02-08 09:43 | フェアトレード