信州の山里にある寄宿生活塾の暮らし


by freekids
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:お話し会( 2 )

田んぼの学校とお念仏

一週間ほど、本應寺というフリーキッズと縁のある東京のお寺で過ごさせていただき、
つい先程高遠へ帰ってきました。それゆえ更新が滞ってしまってすいませんでした。
早速、この一週間の事を報告したいと思います。

まずは「田んぼの学校の報告会」。
毎年、田んぼというフィールドを用いた市民活動が全国各地で行われています。
それを10年程前から農林水産省が、「田んぼの学校」と称し支援しており、
今年度、その「田んぼの学校」を開催したグループの報告会が先日埼玉で行われました。
参考URL<http://www.tanbonogakko.net/>
今年からはフリーキッズでも、田んぼの一年を子ども達と一緒に見ていけるような、そういった企画を出そうと、
その報告会を見に行ったのです。
全体的に、
田植え>稲刈り>草取りと生き物観察>脱穀>収穫際と報告会
普通にトラクターで耕して、体験的に田んぼの作業をする。という感じがしましたね。
なんだかなぁ、、、というのが今回聞きに行った全員の感想。
逆に、この山里の暮らしを通して、生きる力を身に付けるという活動を、当たり前にやっているフリーキッズヴィレッジの凄さを改めて感じてしまいました、、、

そして「念仏会」。
上記の本應寺は毎日、朝夕二回各一時間半、欠かさずお念仏を唱えます。
この日は、それプラス五時間程、計8時間にも及ぶお念仏タイムな日。
その大半は、ひたすら南無阿弥陀仏と唱える時間と、瞑想の時間を繰り返すことで占められます。
正座には慣れていると思っていた私の脚も、流石に悲鳴を上げました;;
しかし、お堂には老若男女入り混じる30人を越える人が集い、
その全員が仏像を前に「南無阿弥陀仏」の大合唱!一聴の価値ありますよ。
その間にお寺のお上人の法話があるのですが、これもまた面白い。
お上人の体験も交えて、分かりやすく仏の話をしてくれます。

念仏会が終わったら夕食の準備。30人前ということで大変です。
本應寺でも10割蕎麦を打っていて、素人なので太目の麺もできるのですが、
そんなの気にならないくらい香りが高くて、良いコシが出る!滅茶苦茶美味しいんですよ~
下手な蕎麦屋にはもう行けませんね、、、
その横で、私は蕎麦に添える天麩羅を揚げてました。
揚げているとお坊さんの一人がフキノトウを持参!これ幸いと一気に揚げて、
蕎麦に春の香りをトッピング!この上ない夕食となりました。

という充実した日々を過ごさせていただきました。
本当にいい所です。東京においでの際は、一度念仏を唱えてみるのもどうでしょう?
[PR]
by freekids | 2008-03-08 22:27 | お話し会
7月25日(祝)

この日は、木もちのいい家作りをテーマに、相談、営業、デザイン、施工、全てをしているログビルダー・伊藤かずおさんにヴィレッジに来ていただき、豊かな森と共に暮らすお話~家作りの話をしていただきました。かずさんの奥様は 現在住んでいる長野県伊那市の森の中で、子ども達に“はらぺこ”になるまで遊んでほしい!という願いを込めて作った、『山の遊び舎 はらぺこ』という名の自然保育園を経営している真理子さん(通称:マリちゃん)です。
e0015223_10184520.jpg
今ヴィレッジでは、夏のキャンプに向けてのキッチンスペース、かまどスペース、コンポストトイレ、アースオーブン等など・・ 様々な建築物が自分達のアイディアで着々と作られています。かずさんのお話を聞きながら、今まで自分達が作ってきたもの達や これから作っていくであろうものを 見直し・考えるいいキッカケになったのでは・・ と思いました。

かずさんとマリちゃんのお家は、かずさん手作りの最高に木もち(気持ち)のいいログハウスです!そこに隣接する『はらぺこ』は、ふわふわの大地と豊かな森に囲まれ 木々の隙間からの木漏れ日がとても気持ちがいい遊び舎です。先日も17日(祝)にかずさん宅で行われた古屋和子さんのストーリー・テリング~“じゃんぴんぐ・まうす”~にヴィレッジの何人かで御邪魔したのですが、あの家は何度行っても!来た人の心を癒す(何かがある!)家なんだよなぁ~。。 この日のかずさんのお話の中でもあった、 木というのはそのまま使えば何百年と寿命が続くが、釘を使った瞬間から 釘の寿命で木は朽ち果てる。 という言葉通り、釘を使っていないかずさん・マリちゃんのログハウスは 子供から、またその次の子ども達へと、幾世代にも長く木もち(気持ち)よく使えるであろう そんなステキなお家なのでした。
伊那にお越しの機会がありましたら 是非一度、『はらぺこ』の森の中で遊ぶ子ども達を見に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。キットあの豊かな森から、何かを感じ・学ぶ事が出来るのでは、と思うのです。
[PR]
by freekids | 2006-07-30 11:08 | お話し会