信州の山里にある寄宿生活塾の暮らし


by freekids
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

2011年御蔵島プログラムからもどり

e0015223_14512932.jpg

e0015223_14143360.jpg


ご報告が遅れましたが、無地帰って参りました。
3月11日の震災以来、このプログラムを実施するか迷ってきました。
「一度休むと続かなくなるよ。せっかく8年目なんだから続けたら。」と、
みちお兄のアドバイスで決行。
けれど、準備を進めるスタッフは私のみで、期間中のスタッフも少なく、
その上私も過労で現地で寝込み、天候も悪く、思ったように運ばないことばかりでした。
スタッフのカッシーとむっちゃんのおかげで進行できたプログラムでした。
ありがとうございました。心から感謝しています。
「現地参加はできないけれど。」と、しおりで一人で作ってくれたかとちゃんも
ありがとうございました。かとちゃんが現地にいなくて淋しかったです。

参加した子どもたちに、地球をめぐる水のつながり、人間の思い通りにならない自然の力を
感じてもらえたらありがたいです。。
「私たちは、自然界に必要なものすべてを与られているけれど、それは私たちにはコントロール
できない大いなる力で、畏怖の念を決して忘れてはならない。」ということを子どもたちに実感して
もらえたら、と願っています。

YYくんは御蔵島の翌日には石巻でのボランティア活動に参加。HKRちゃんもHBKちゃんも
翌日から会津でのボランティア活動にでかけました。
自然の美しさと脅威とを目の当たりにし、小さな人間が力を合わせることで、助け合えることを
実感できた有意義な夏休みになっているのではないでしょうか。

震災や放射能汚染を通して、本当に大切なことを次世代の子どもたちに伝えていくことに
おとなたちの力を貸してください。

子どもたちに伝えたい大切なことを、言葉だけでなく、実感してもらえる機会を増やしていきたいです。
「すべてのおとなたちからすべてのこどもたちへ」生きる力を届けたく、活動の輪を広げていかれることを
願っています。

「人とつながり、自然とつながる生き方」を子どもたちと実践していきます。

今年も御蔵島に受け入れていただき、子どもたちに貴重な体験をさせていただけました。
ありがとうございます。

愛と感謝をこめて たかこ
by freekids | 2011-08-14 14:46 | イルカの棲む島 御蔵島