人気ブログランキング | 話題のタグを見る

信州の山里にある子育て村の活動


by freekids
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

24年秋

24年秋_e0015223_10483156.jpg


山里便り
 稲刈りも終わり、燃え上がるような紅葉に向けて山が色づき始めました。春の芽吹きへのエネルギーを蓄える、静かな冬を迎える前の自然界のフィナーレを飾るシンフォニーのようです。私たちの心も身体も、日本の四季とハーモニーを奏でながら暮らすことができたら、より豊かに健康に暮らせるのだと思います。多くの子どもたちと自給暮らしをする日々は、1年365日切れ目なく脈々と続き、とてもゆっくりと自分の時間を過ごす間はありませんが、今私はとてもゆったりとした幸せな気持ちで雨が降る畑を眺めながら、このお便りを書いています。
 最期の言葉は「ありがとう」。なんだかそんな気がしています。こうして生かしていただき、すべてを与えられ、「“有ることが難い”人生だなあ。」と、ただただ有難く感じています。もちろん、困ったり、怒ったり、イライラしたり、そんな感情とも日々の暮らしで出会います。けれど、それはほんの小さなことで、それらすべても自分の小ささや弱さへの気づきを促してくれる有難いことへとすぐに昇華されていきます。
 ですから今は、ただただ日々与えられる出来事を有難く受け、出来る限りのことを尽くすだけの繰り返しになってきています。そして、そのような毎日の繰り返しの中で、自然とのつながりや人とのつながりが強くなり、子どもたちとの暮らしが、より豊かに安定してきているように感じます。
 子どもたちに、感じてもらえたらうれしいことは、「自分の命を支えてくれている大きな自然と多くの人たちに感謝の思いを抱くだけで、誰もが心豊かに平和に生きることができる。」ということです。そして、そのことを子どもたちに実感してもらうためには、私たち周りの大人たちが心豊かに平和に生きていることだと思います。
 少しずつ、「誰もが心豊かに平和に生きられますように」という願いが、ここでの自給自足の大家族生活を通して、具現化されてきているように思えます。
 こうして小さな山里で、子どもたちの心に「幸せの種」を撒き続けるのが、私のライフワークだと思っています。一緒に種を撒いてくださる方、大歓迎です。ここでは、眺める紅葉ではなく、紅葉の中での暮らしです。自然や世代とのつながり、命の営みを感じにいらしてください。お待ちしています。ありがとうございます。
                             愛と感謝をこめて 宇津 孝子(かあちゃん)
by freekids | 2012-11-07 10:21 | たかこからの山里便り