人気ブログランキング |

信州の山里にある寄宿生活塾の暮らし


by freekids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:フリーキッズ農園( 5 )

新年おめでとうございます。

こちらは朝の最低気温が-11℃。朝は厚い氷が張り、田畑の土も草も凍っていますが、年末年始も田畑の野良仕事をしています。

朝は凍結した地面で足指が凍傷になり痛いですが、昼は晴天だとポッカポカで暑くなり、夜は暗闇を手探りや月灯りで作業しています。朝より夜の方が寒くなく、星空も綺麗です。

☆新しい畑を作っています

年末年始も自然農☆ (^人^)_e0015223_10545092.jpg

細川家の真ん前の休耕田を借りることができました。草を刈り、溝を掘り、うねをたて、自然農の畑に開墾しています。

フリーキッズに来て2年間で、もう7つめの畑の開墾です。脱サラしてから6年間で、20ヶ所の田畑を開墾しました。

借りる畑が毎年変わるため、毎年ゼロから(開墾作業から)やりなおしです。

年末年始も自然農☆ (^人^)_e0015223_10551668.jpg
草刈り後、うねたて前
年末年始も自然農☆ (^人^)_e0015223_10560922.jpg
    うねたて後

この畑での栽培予定品目は、
味噌用大豆、小豆、インゲン豆、
キビ、アワ、ヒエ、ゴマ、エゴマ、
カボチャなど、保存性のある作物。

☆田んぼの今年の準備も完了

年末年始も自然農☆ (^人^)_e0015223_10573656.jpg
田んぼに、米ぬか、もみがら、稲わらを還し、田んぼの中に、苗を育てる苗床を作りました。

地元の方が、「昔、子どもの頃に食べていたホウネンワセ、あれはうまかったなー!」と言うので、ホウネンワセを探してみたところ、コシヒカリの姉妹ですが、もう絶滅したお米でした。

諦めかけたのですが、県内の山奥に、たった1粒の古い種から、年月をかけて栽培している方を見つけて、籾米を入手できました。今年はその幻のホウネンワセの栽培にも挑戦します。

☆たくあんづくり

花ちゃん(4才)のたくあんづくり。
樽の中はどうなっているのかな?

年末年始も自然農☆ (^人^)_e0015223_11074931.jpg
(゜ロ゜;ノ)ノ・・・父の顔!

☆「奇跡のリンゴづくり」行動開始

ほそさんは、「奇跡のリンゴ」木村秋則さんの自然栽培塾の卒業生でもあります。1年間では飽き足らず、3年間通い、3度も卒業しました。

ほそさんには、木村さんの他にも奇跡のリンゴの師匠がいます。50才の時に脱サラ、脱都会、脱消費者をして、青森のリンゴ園の中で暮らし、奇跡のリンゴを28年も栽培し続けているご夫婦です。

もうご高齢でリンゴづくりをやめるというので、今年は青森へ通って、奇跡のリンゴづくりの知識と技術を受け継いできます。

リンゴだけではなく、和梨、洋梨、プラム、プルーン、ブドウ、栗、胡桃、柿、梅などの様々な果樹、穀樹を自然栽培しています。

年末年始も自然農☆ (^人^)_e0015223_11010623.jpg
師匠の育てた自然栽培の果物たち

細川家は果樹栽培用の農地を所有していないので、いつ栽培開始するかはまだ秘密ですが、細川家による「奇跡のリンゴづくり」いよいよ行動開始。

by freekids | 2020-01-05 10:37 | フリーキッズ農園

自然農田の稲刈り

自然農に切り替えてから2回目の稲刈りを、
11月1日から4日にかけて行いました。

自然農田の稲刈り_e0015223_15552082.jpg
自然農田の稲刈り_e0015223_15554617.jpg
自然農田の稲刈り_e0015223_15560174.jpg

稲を刈ろうと株をつかむと
昨年の1.5倍ほど太くなったと感じました。

田んぼも生き物の種類が増え、
稲も太くなり、はっきりとよくなりました。

それでもまだ、
本来の田んぼと稲の力の20%位です。


稲刈りを終えた田んぼでは、
先月に蒔いたレンゲの幼い葉が
あちらこちらに顔を出し、
来春の準備を始めています。


まだまだだけれど、
はっきりとよくなった田んぼ。
無事に収穫を終え、
自然と見守って下さる皆さんに
心より感謝しています。



by freekids | 2019-11-07 15:43 | フリーキッズ農園

自然農のワクワク畑

昨年末に開墾したばかりの、
ほそさん一家の自然農畑が、
フリーキッズの見学会・体験会の畑です。

自然農のワクワク畑_e0015223_09075242.jpg

大地が呼吸し、綺麗な空気と水を作り、
草花や虫や生き物たちの命が、
畑からどんどん湧きだしてくる、
ワクワク農園の「ワクワク畑」です。


昨年11月、開墾中の畑の様子。

自然農のワクワク畑_e0015223_09090663.jpg

自然農(川口由一氏)、
自然栽培(木村秋則氏)、
大地の再生(矢野智徳氏)の
3つの技術を応用しています。

畝を作り、溝と点穴を掘り、
そこに竹、木の枝、刈り草を敷き詰め、
通気性と通水性を良くし、
「大地が呼吸する畑」を作りました。


自給自足用の、春から冬まで、
ちょうど100種類の野菜・穀類を
栽培しています。

自然農のワクワク畑_e0015223_09094454.jpg
自然農のワクワク畑_e0015223_09095974.jpg

栽培を始めて、まだわずか半年の畑ですが、
草、野菜、虫、鳥獣、子どもたちで、
にぎわっています。

今は、春夏野菜が終盤を迎え、
秋冬野菜の種まきを行っています。


毎月、県内や全国から見学者が訪れています。
先日は一度に数十名の
どもと大人の見学がありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
田畑の見学会・田んぼの体験会を
開催しています。
詳細はフリーキッズのホームページ
「イベント情報」欄をご覧下さい。
http://www.freekids.jp



by freekids | 2019-08-26 06:25 | フリーキッズ農園
【自然農の田畑】田植え終了_e0015223_06041589.jpg
3週間毎日田植えに明け暮れて、
周りの田んぼに遅れること1ヶ月、
自然農の田んぼの、田植えが終わりました。

「自然農の田植えは時間がかかる」

そうです。

事実、田植えの大変さで自然農の田んぼを
辞めた方の話も度々耳にします。

一方、それでも続けている方もいます。

先日、とある自然派ショップの店員さんが
「うちも自然農で田んぼしてますよ」
とお話してくれました。

田植えの方法も毎年変えてみて
今年は昨年より早くなったそうです。

改善する方法を自分で施行錯誤する姿勢が、
続けられる理由の一つだと気付きました。

フリーキッズでも来年植え方を変えようと
思っていたので、参考になりました。


また、フリーキッズでも
草の手入れや冬の間の管理を色々試みた結果、
田んぼの様子が変化しました。

昨年とは草の種類が変わり、生き物が増え、
稲の栄養になる朽ちた草の層ができ始めました。

どんな稲の成長がみられるのか、
これからも楽しみが続きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
田畑の見学会・田んぼの体験会を開催しています。詳細はフリーキッズのホームページ「イベント情報」欄をご覧下さい。
http://www.freekids.jp



















































by freekids | 2019-06-28 05:01 | フリーキッズ農園
【自然農の田畑】育苗まっ最中_e0015223_14102013.jpg














フリーキッズの自然農の田畑は今、育苗の真っ最中です。


田んぼの一角に作った苗代の様子です。

今年の春は5月中旬になっても霜が降り、寒い日が続きました。
例年より発芽が遅れ、まだかと待ちわびた苗は、
当初の心配を払拭する元気な生長ぶりを見せています。

【自然農の田畑】育苗まっ最中_e0015223_14100267.jpg































畑の一角では、野菜の育苗を行っています。


高遠は標高900mの寒冷地のため、
夏野菜を作るには育苗が欠かせません。

育苗というと、ハウスや踏み込み温床が
必要と思われますが、
家庭菜園には大掛かりです。

フリーキッズ農園では、
ハウスも踏み込み温床も用いずに、
畑の一角で苗作りをしています。


畑では、一足先に定植された春野菜などが、
日に日に生長し、緑の賑わいが目を楽しませています。

エンドウ、ソラマメは花を咲かせ、
キャベツ、ケールは日に日に葉を大きくし、
ジャガイモは茎を伸ばし葉を繁らせています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


フリーキッズ農園では、毎月第三日曜日に、
田畑の見学会を行っています。

また、田んぼでは実際に作業を行う体験会を
随時開催しています(下写真、体験の様子)。

詳細は、フリーキッズのホームぺージ内、
「イベント情報」をご覧ください。
http://www.freekids.jp/

【自然農の田畑】育苗まっ最中_e0015223_14105934.jpg


































by freekids | 2019-05-22 15:45 | フリーキッズ農園