人気ブログランキング |

信州の山里にある寄宿生活塾の暮らし


by freekids
カレンダー

<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大家族。

毎日のように、フリーキッズには




やって来る人がいる。




それは、帰ってくる人だったり、お客様だったり、遊びに来る人だったり、

お手伝いに来てくれる人だったり。



初めて来る人でも、その場の空気にす・・・っと馴染んでしまう。

不思議だなぁ。。。

(私が)初めて会う人も、何だかその人のいる風景が自然に思えてしまう。

不思議だなぁ。。。


ここ何日かで、初めてお会いした人が3人。

前々からフリーキッズにお手伝いに来てくれてる学生さん。

北海道に住んでいて、今回は新潟からママチャリでやってきた笑 カナダ人の学生さん。

ファームステイの旅人さん。




今日で8月が終わります。

夏の間張っておいたテントを片づけました。

今日のご飯に出た、鮮やかなオレンジ色のかぼちゃ。

美味しかったなぁ・・・・^^




みんなの笑顔^^

なんでだろう。

今日はいつも以上に、身に染みた。。。




ありがとう。
by freekids | 2011-08-31 22:14 | 日常のひとコマ
8月28日。

昨日です。

高遠の、ほりでぃぱーくというところで

虹の市が開催されました!!

連日の大雨、そして朝にはパラついていた天気も!!

カラっと晴れてマーケット日和^^

草の上だったので、この間の虹の市に比べて

バテさは大幅減です笑

アスファルトと草の違いなんでしょか~^^(7月10日blog参照)

今回はチラシ効果もあってか

お客様の人数は大幅アップ^^



お越しくださった皆様、ありがとうございました^^


フリーキッズでは、バント―ファンの小物と、藍染めの手ぬぐいと靴下、

有機のニンニク、とうもろこし、じゃがいも。

そして、朝採りニンジンジュース!無農薬!!

フリマも併設しました^^

手作りのクッキーも^^

そしてそして!!

とうもろこしは、実演販売で焼きトウモロコシに^^

七輪で美味しく焼きましたよ^^


ありがとうございました^^

楽しかったね^^



そしてその夜、オーストリアから来てくれたT&T兄妹のまた来てねパーティー。

会津から来ている子たちのお兄ちゃんと、従妹です^^

従妹のTさんはピアノがとっても素敵♪♪♪

フリーキッズのエレクトーンで、ミニコンサートを開いてくれました^^




もう、うっっとり^^



もうひとつの台所、(大台所)にみんなで集まって。

何だかとっても素敵でとっても不思議な空間。




何で私はここに居て、みんなもここに居るんだろう。



ここで会わなければ、顔も知らなかった、存在も知らなかった。

みんなどこからか、集まって来て、ここにいる。

当たり前だけど、そのことが何だかとっても不思議に感じた空間でした。





ピアノの旋律に耳を遊ばせ、それぞれがそれぞれに思いを馳せ、



みんなが一つになった。



そんな感覚でした。

素敵な時間を共有できました。ありがとう^^




8月も残すところあと2日。

春と夏、二つの季節が過ぎていきます。

秋と冬、静かな季節がやって来ます。





ありがとう。
by freekids | 2011-08-29 20:56 | 日常のひとコマ

かまどで染める。

かまどで染める。_e0015223_21323870.jpg

昨日に引き続き、かまどに火を入れ

煮出しておいたヒマワリと赤ジソの染料で

靴下を染めました。


煙で目が痛い。

かまどで染める。_e0015223_21332378.jpg



黄緑っぽい方がヒマワリ。

赤い方が赤ジソ。

鉄媒染にしました。

ヒマワリの方は薄いヨモギ色に。

赤ジソはグレーっぽくなりました^^

媒染を変えたら赤っぽさが残ったのかなぁ。。

赤ジソの香りが残っています^^

かまどで染める。_e0015223_2141180.jpg


(↑は今日染めたものではないですが。。)

草や実によって色が色々。

媒染によって色が色々。

不思議ですねぇ。

面白いですねぇ。




草木染めには単に、色をつける、という意味だけでなく

植物からのパワーをいただき、その力をまとう、という意味もあるみたいです。

竹や花などの植物の柄を着物に取り入れることで、そのパワー、霊力をいただくとか。


自然を尊敬し尊重し、よく観察することで、様々なデザインが生まれました。

麻はよく育つから、麻の柄はよく子どもの服に使われたようです。

(刺し子の模様でよく見かけますね^^)

魔除けの意味合いもあるとか。。

昔から今に伝わるデザイン、面白いですねぇ^^




今日、面白い光景を目撃!!

山村留学中の子たちが、バスケットをしていました。

よく見ると、フリーキッズの子が頭にヘルメットをし、収穫かごを背中に背負って、、、

そうです。

ゴールです。

いやぁ~良きアイディアにあっぱれです^^

今日はお昼ご飯のお手伝いもしてくれたね^^

人参の選別もしてくれた^^

夏のいい思い出になりますように。




ありがとう。
by freekids | 2011-08-24 22:03 | 日常のひとコマ

かまどで草木染め

ヒマワリと赤紫蘇。

かまどで煮出して、靴下を染めます。

ガスを使えばすぐ沸くお湯も、

かまどで沸かすと一苦労。

(まだまだかまどの扱いに慣れていないのもあり。。)

やっとこさ、

火を焚いて、

裏の畑でヒマワリと赤紫蘇を採ってきてグツグツ。

色が薄かったので、

煮出したものと、採ってきたものを取り換え取り換え、、、

採っては換えて採っては換えて。。。

そうこうしているうちに

ご飯の時間も近づいてきたので、今日はここまで。

かまどな一日でした^^



本日、今夏ラストの山村留学生3名様ご到着~!

早速、貴重な晴れ間をねらって

川へ!!

明日はどんなことが待っているかな~^^





ありがとう。
by freekids | 2011-08-23 22:22 | 日常のひとコマ

国立少年自然の家へ

21日のお昼から、フリーキッズのみんなと山村留学中の子たち、そしてお客様とで

近くの国立少年自然の家に行きました^^

お昼を食べてからは、思い思いの時間。

広~いウッドデッキで鬼ごっこを楽しむ子どもたち。

スイカ割りをしたり。

室内で絵を描いたり。

みんなはしゃいでとっても楽しそうでした^^


夜ごはんを食べた後、

体育館が空いていたので

バドミントン大会!!!!

いや~~も~~~なんて楽しいんでしょう^^

普段の生活とはまた違った笑顔を見れたり。

楽しかった。


今日は山村留学中の中学生のNちゃんとR君が

小麦の脱穀をしてくれました^^

足踏みの脱穀機です。

足踏み脱穀機の音が聞こえるって

素晴らしいですね^^

色んな事を思わせてくれる

豊かな音です。




一週間前に

山村留学中のNちゃんに手伝ってもらって作った

シソジュース。

夏はやっぱりこれですねぇ^^って。

程よい酸味が効きます^^

裏の畑にアカジソがいっぱい生えているので

ワサワサ~っと刈って

酢水で煮出して、ザルで絞り切って

テンサイ糖と煮て、冷ましてビンに入れて

1週間程寝かせて。

出来上がり^^




身の回りにお宝がザックザックです^^



同じく1週間程前に

酒粕で粕床を作り、塩漬けして干したシマ瓜を漬けました^^

今日味見をしてみましたが、もう食べられそうです^^


今は、玄米ご飯を平たくのばして干しています。

カラッカラに乾いたら、油で揚げて

玄米せんべいにします^^

これがまたウマイんだなぁ~^^



もうすっかり秋の風。

夏子さんとももうじきお別れですね。

みなみなさま

やり残したことはございませんか??






ありがとう。
by freekids | 2011-08-22 17:27 | 日常のひとコマ
本日、SCIボランティアとして1か月滞在してくれた

イタリア代表ミケーレ。

同じくSCIのア〇カちゃん。

そして山村留学生の男の子。

最終日でした^^


お茶目な明るい少年キャラで、みんなを盛り上げ和ませてくれたミケーレ。

「地球のみんなは家族だから、日本が困っている時は助けに行く。だから来ました。」

最初の自己紹介でそう語ってくれたミケーレの言葉。


「ボニッシモ!」(意;とっても美味しい!)は忘れません^^


食事の後の後片付けを淡々と黙々とこなしてくれたア〇カちゃん。

ありがとう^^

自然体な雰囲気で、みんなのお姉ちゃんだったね^^

アメリカでのボランティアの夢を果たしたら、また来てね^^

そして、山村留学生のKくん。

面白いおじさんキャラの小学2年生。

やっとそのキャラが出てきたころに帰ってしまうなんて・・・もったいない笑

また来てね^^



玄関前のアースオーブンで、ピッツア!!&パスタ!!

イタリア~ンなパーティーでした^^

会津のボランティアの報告会スライドショーも同時並行。




27名。

今現在フリーキッズの母屋にいる家族です。

みんなで輪になってご飯食べて。


笑って^^


あぁ~何て楽しいんだろう。

あぁ~面白い

あぁ~幸せ^^



人って温かいよね。

ぜひ、お越しください^^



ありがとう。
by freekids | 2011-08-18 22:48 | 日常のひとコマ
被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_10192287.jpg

被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_1022952.jpg


10日から被災地に、行ってきました。泥出しが楽しかったです。消防車がいっぱい捨ててありました
もらって来たかったです。救急車もいっぱい走ってました。ヘリコプターもいっぱい飛んでました。
行く前は写真や映像で見てただけだったけど、実際行ってみて思ったよりすごかったです
熱かったです。匂いがMAXでした。消防車欲しかったです。街の一部が冠水しててすごいなーと
思ってました。救急車も欲しかったです。泥だしとかも、最初は、少人数で始めたらしいけどいっぱいいて
速く進んでいたので人が集まるとすごいなーと思ってました。また行きたいです。(消防車)

被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_10141322.jpg

被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_20595997.jpg

被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_10523510.jpg

被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_10511559.jpg

被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_10493389.jpg

被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_10484154.jpg

被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_10192287.jpg

被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_1144777.jpg

被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_1110787.jpg

被災地ボランティア活動@@@:*_e0015223_1162633.jpg

by freekids | 2011-08-15 10:54 | 日常のひとコマ
2011年御蔵島プログラムからもどり_e0015223_14512932.jpg

2011年御蔵島プログラムからもどり_e0015223_14143360.jpg


ご報告が遅れましたが、無地帰って参りました。
3月11日の震災以来、このプログラムを実施するか迷ってきました。
「一度休むと続かなくなるよ。せっかく8年目なんだから続けたら。」と、
みちお兄のアドバイスで決行。
けれど、準備を進めるスタッフは私のみで、期間中のスタッフも少なく、
その上私も過労で現地で寝込み、天候も悪く、思ったように運ばないことばかりでした。
スタッフのカッシーとむっちゃんのおかげで進行できたプログラムでした。
ありがとうございました。心から感謝しています。
「現地参加はできないけれど。」と、しおりで一人で作ってくれたかとちゃんも
ありがとうございました。かとちゃんが現地にいなくて淋しかったです。

参加した子どもたちに、地球をめぐる水のつながり、人間の思い通りにならない自然の力を
感じてもらえたらありがたいです。。
「私たちは、自然界に必要なものすべてを与られているけれど、それは私たちにはコントロール
できない大いなる力で、畏怖の念を決して忘れてはならない。」ということを子どもたちに実感して
もらえたら、と願っています。

YYくんは御蔵島の翌日には石巻でのボランティア活動に参加。HKRちゃんもHBKちゃんも
翌日から会津でのボランティア活動にでかけました。
自然の美しさと脅威とを目の当たりにし、小さな人間が力を合わせることで、助け合えることを
実感できた有意義な夏休みになっているのではないでしょうか。

震災や放射能汚染を通して、本当に大切なことを次世代の子どもたちに伝えていくことに
おとなたちの力を貸してください。

子どもたちに伝えたい大切なことを、言葉だけでなく、実感してもらえる機会を増やしていきたいです。
「すべてのおとなたちからすべてのこどもたちへ」生きる力を届けたく、活動の輪を広げていかれることを
願っています。

「人とつながり、自然とつながる生き方」を子どもたちと実践していきます。

今年も御蔵島に受け入れていただき、子どもたちに貴重な体験をさせていただけました。
ありがとうございます。

愛と感謝をこめて たかこ
by freekids | 2011-08-14 14:46 | イルカの棲む島 御蔵島

会津へ 

会津へ _e0015223_14531766.jpg

会津へ行きました。

会津から放射能避難のため、フリーキッズで一緒に暮らしている子たち3人と、お母さん。

そしSCIボランティアのミケーレ、KAZさん、な〇ちゃん、そして私。

土砂災害のお手伝いをさせていただきました。





川が茶色い。

最初のインパクトです。

そして、川岸や土手が大きな力でえぐられている様子。

本当に大きな力。

会津へ _e0015223_14544330.jpg


鉄橋が崩れています。

会津へ _e0015223_14545430.jpg



誰も、どうすることもできない、大きな力。

水の力。

そして、運ばれてきた大量の泥、土砂。

木の葉っぱに残る、泥がその高さまで来た名残り。





会津へ _e0015223_14541249.jpg

おじいさんの家の泥かきのお手伝い。

おじいさんの家の2階まで水が来たようです。(画像が悪くて見づらいですが・・)

午前はお庭での作業。

おじいさんのお庭には、サツマイモと落花生が育てられていたことがわかります。

泥をかいていたら、泥の中から出てきてくれました。

会津へ _e0015223_14542236.jpg


途方もなく思える作業でも、みんなでやれば大丈夫。

午後は男衆ががんばってくれ、床下の泥かきもはかどったようです。


後一日やれば、終わるかな。というところまでがんばってくれました。



作業を始める前、車の前輪が溝にはまって車が傾いてしまいました。

すると、どこからともなく、男性陣が集まってきて、

みんなで持ち上げて、

見事に車を立て直してくださいました。





人が集まると、すごい。




だって、災害地にだって、色んな場所から駆けつけて。

集まって、「みんな」で「みんな」の為に動いてる。

そうしたら、「一人」じゃ途方に暮れて崩れてしまいそうなときだって、

誰かと一緒ならがんばれる、立ち上がれる。ゴールが見える。



作業後、家のおじいさんは泣いていたそう。

「神に仏だな。。」って。





でも、その「みんな」って「一人」なんだなぁって。


「一人」って「みんな」を作っている。


「みんな」は「一人」で出来ている。


「一人」が集まらないと「みんな」は出来ない。


私は午前だけでダウンしてしまって、大した事は出来てないけど、

その「みんな」を作れてたかなぁって。

自己満足かもしれないけど、おじいさんに「みんな」を作ってあげれたかなぁって。


そんな事を思いました。




ありがとう。
by freekids | 2011-08-13 15:23 | 日常のひとコマ
楽しくイルカウォッチングそして今度は帰路困難_e0015223_18314996.jpg



御蔵島最終日(だったはず)。
朝6時半からボートで海に出かけたみんな。かあちゃんは、お留守番で朝食作り、ゴミ出しと片付けやそうじ。でも、ほんの短い時間、島の女衆と井戸端会議ができて楽しかった。ありがとう。でも、イルカと泳がなかった夏はとうちゃんが他界した年以来この20年で2回目です。でも、かあちゃんには、元気に帰ってきた子どもたちのご満悦の顔がイルカウォッチングに値します。今年はお祭りの法被も真気に譲ったし、とうちゃんの撮影用の水中マスクも真気に譲りました。世代交代ですね。水中写真はby真気です。

楽しくイルカウォッチングそして今度は帰路困難_e0015223_198448.jpg


「最初は、クラゲとかイルカと思って海に入るのが恐かったけど、一度入ったらイルカを見れて、もっと入りたくなった。8回も海に入れて、満足しました。」(HKR)
「野生のイルカと超近く一緒に泳げて、おもしろかった。水族館では、水槽にいるのを見てるだけだったたけど、一緒に海で泳げて楽しかった。また、来たい。山を汚すと海も汚れるから、これからは、町も山も

汚さないように気を付けていって、イルカにまた会えるようにしたい。
一回目に海に入った時には、ものすごく恐かったけど、3回目からは自分からイルカに泳ぎに行けた.西側で泳いだときに水がきれいで、イルカが良く見えてうれしかった。東側で泳いでた時に、超近くまで泳ぎに来てくれたイルカが背びれがFの字になっていて、帰ってきてすぐ調べて、名前が“せんぬき”だとわかってうれしかった。今回連れてきてくれたたかこさんと協力してくださった御蔵島のみなさん、ありがとうございました。」(YY)

楽しくイルカウォッチングそして今度は帰路困難_e0015223_1951521.jpg

「この子イルカは大きなサメに襲われたんだと思うよ。今回は、ベストショットだと思った写真がピンボケだったんだよんね。一番上の親子のイルカの写真が、水面も光も写って、両方とも尾びれまで入ってるしベストだと思う。」と、真気。去年は親子のショットが親の尾びれが少し欠けたんだったね。真気の水中写真撮影の腕は父ちゃん譲りみたいですね。

こどもたちは、急いで朝食をとり、荷造り。お世話になったお宅にお礼まわり。お昼には桟橋に降りるので、それはヤイヤイ、バタバタの連続。「本日の上り便は欠航となりました。」とアナウンス。もう、漁船に乗る気合も予算もなく、かあちゃんは、もう1泊させてもらう手配と船の予約変更にまたもやバタバタ。けれど、欠航のおかげで、島のおばあちゃんからいただいたみんなへのお小遣いでジェラートのダブルをのんびといただくことができ、最後のご褒美みたいでした。みんなハッピー!
「御蔵島にいつまでもイルカが棲み続けていますように」という思いで始めたイルカの調査後の子どもたちへの環境教育プログラム。7月に信州の森を歩き、源流探しからはじめて、10月に信州の森のお手入れで終わります。イルカとの出会いを通して、信州の山の暮らしを大切にすることがイルカの海につながることを実体験してもらえて、かあちゃんは心からうれしいです。大いなる自然の摂理と小さな私たちができる目の前の小さなことの大切さに気付いてくれてありがとう。感謝です・

楽しくイルカウォッチングそして今度は帰路困難_e0015223_1991093.jpg

楽しくイルカウォッチングそして今度は帰路困難_e0015223_19102823.jpg

楽しくイルカウォッチングそして今度は帰路困難_e0015223_19105680.jpg


明日は、朝5時15分に桟橋に降りて、下り便が着けば乗船し、八丈島まで行き、御蔵島に戻り、三宅島経由で竹芝桟橋に戻る予定です。お昼の上り便に賭けるのはリスキーなので、14時間航海を選びます。果たして、御一行、本当に帰れるのでしょうか?
何があっても大丈夫。 愛と感謝を込めて たかこ
楽しくイルカウォッチングそして今度は帰路困難_e0015223_1912199.jpg

by freekids | 2011-08-08 19:19 | イルカの棲む島 御蔵島