人気ブログランキング |

信州の山里にある寄宿生活塾の暮らし


by freekids
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

たかこからの山里たより

e0015223_18574106.jpg



 高遠の山里の土手には福寿草の黄色い花が咲き、春の訪れを告げてくれています。

この春、12年目を迎えるフリーキッズはいよいよ第2世代にバトンタッチです。

70歳のてっちゃん(八坂鉄一)から大学新卒の3人の若者が、

山里での地給知足の大家族生活を受け継ぎ始めてくれます。

このバトンタッチのタイミングこそフリーキッズの大家族の輪が

力を発揮する時だと思っています。

これまでフリーキッズで共に過ごした大家族のみんなが、

若者たちに季節のお仕事を伝え、一緒に作業をしながら、

大いなる自然の営みに与えられ、生かされている命を共に光り輝かせる時間を

過ごしてもらえることを願っています。


 また、社会的養護を必要とする子どもたちが私の家族として暮らす

“うずまきファミリー”にも、北海道で里親をされていたご夫婦が

住込みで大家族の一員になってくださいます。

NPO法人人智学共同体ひびきの村でバイオダイナミクス農法の指導者と

シュタイナー幼稚園の教諭をされていたという素晴らしいお二人です。

“子どもたちとわあわあ言いながら戯れられる”私のばあちゃんライフが

いよいよ実現する予感がムンムンしています。


長野県は、新たに養育者としてファミリーホームを開設できる要件に、“

ファミリーホームの補助者として常勤により委託児童の養育に従事した

経験を3年以上有する者”ということを認めてくださいました。

これは、他の都道府県に先駆け、ファミリーホームを増やし、

施設養護から家庭養護に切り替えていくことができる、画期的なお知らせです。

このことは、3月2日に県のこども家庭課にお願いに上がり、

13日には決定のご通知をいただきました。心から感謝です。

うずまきファミリーでは、ファミリーホーム開設希望者を

住み込み補助員として、随時受け入れします。


 そして、フリーキッズの隣組(12軒)の中に、

昨年私が購入させていただいたお家があるのですが、

その家に東京で里親登録をされ、小笠原で奥様が養護教諭をされていた

4人家族の方が、引っ越してみえます。

やはり、将来、ファミリーホームの開設を願われていらっしゃるご家族です。

この家は、生前私たちの活動をご理解くださっていた元校長先生のおじいちゃんから

相続されたご子息から譲り受けました。

4月には、もう1軒別のお家も譲り受けさせていただくことが決まりました。

どちらのお宅も「子どもたちのために使ってもらえるなら、ご先祖様も喜ぶ。」と、

おっしゃってくださり、本当にありがたいです。


 この春は、七世代先まで伝えたい、老若男女の笑い声が響く、

安心で安全な子育てコミュニティが産声をあげることになりそうです。

思い描いていたヴィジョンが現実のものとして、

この高遠の山里に舞い降りてきています。

「ようやく準備ができたね。」と、与えていただいているように思えています。


限界集落といわれる日本の中山間地の先祖代々続いてきた集落が、

血縁を超えて、次世代への安全で安心な子育て環境を創りたいと

願う人たちの思いでつながり生まれ変わろうとしています。


フリーキッズがこれからも多くの方の求心力となり続け、

次世代のこどもたちに寄与できますように、

より多くのみなさんのお力添えを賜りたく、お願い申し上げます。       


愛と感謝をこめて

宇津 孝子


# by freekids | 2015-04-07 19:01 | たかこからの山里便り

e0015223_21471299.jpg


そろそろこの寒い山里の土も動き始めるころですよ。

からだもむずむず動き出しています。


【 田んぼスケジュール 】

4月上旬~  田んぼの畦ぬり&補修
4月11日~12日 第1回 種もみ蒔き
4月18日~19日 第2回 種もみ蒔き
5月23日(土) どろんこ運動会!!(みんなでどろんこになって遊ぼう!)
5月24日(日) お田植えスタート!
5月28日頃から6月中まで 3日置きにチェーン除草スタート!


e0015223_21455512.jpg



e0015223_21450001.jpg



e0015223_21450906.jpg



【 藍建て 】
ゴールデンウィーク  藍の種まき(生葉染め用)
6月の下旬ごろ(時期は未定) 藍建て!! 藍染めの為に発酵させよう!


e0015223_21461985.jpg



【 大豆と小豆 】
6月上旬  わんはげ小豆の種まき
6月中旬  大豆の種まき


e0015223_21481552.jpg



【 お味噌づくり 】
6月7日予定   お味噌用の麹づくり
6月14日予定  お味噌づくり

※ ご自分のMY樽をもってきて、味噌を仕込むことが出来ます(有料)


e0015223_21465226.jpg

農家民宿もしております。お子さんと一緒にファームステイしませんか?

【 一泊二日 】 

大人(中学生以上):4,000円 

子ども(小学生):2,000円 幼児:無料 です。

※税抜き価格の表示になります。


# by freekids | 2015-03-07 21:52 | 日常のひとコマ

3月の山里から

e0015223_21330476.jpg



フリーキッズのある山里も春めいてきました。

南斜面の土手では、福寿草やふきのとうが春の喜びを告げています。
こうして季節の移りかわりを、子どもたちと豊かに感じながら暮らしを
紡いでいけることは私たちの喜びです。
あたたかくなってゆく春に嬉しさを感じながら、
新しい生活が始まり、嬉しさと共に不安も感じやすい季節です。

フリーキッズを高校生で卒業して、
新たにこの伊那で新社会人となる子もいます。
都会から来て、雄大な山並みに包まれた伊那谷を気に入り、
こちらで一人暮らしを始め、社会人となります。
とても豊かな感性を持っていて、いつも素敵な風景を、
詩のような表現で伝えてくれます。
この自然に抱かれて、そして地域でお世話になっている人との
つながりの中で、新生活のスタートを切ります。

2年前に開所したお隣さんの『うずまきファミリー』にも新しい動きがあり、
新らたにファミリーホームを開所させたいと願っている、
2世帯のご夫婦が引っ越してきます。
この限界集落の宮原地区が一気に活気づき、
子どもの声が響きわたる山里になっていくことがとっても嬉しいです。

フリーキッズにも、新卒の若いスタッフが3名入り、
子どもたちに関わる若者が増え、より子どもたちにエネルギーが注がれていき、
豊かな体験の場を提供できるようにまずは若者が
たくさんの新鮮な感動を得ていくことが、
ここの場を豊かにしていくのでしょうね。

と、新たな動きのある、この山里。
子どもたちを愛し支える輪が、この地で響き合い、
そして大きく山里が抱いてくれている安心の船に乗って、
これからも進んでいくのでしょう。

皆様の温かいご支援、そしてご協力により、
この場が支えられていることをいつも感じ、深く感謝申し上げます。

さきこ

# by freekids | 2015-03-07 21:35 | 日常のひとコマ
e0015223_21553687.jpg




昨年からよく乾いた薪を持ってきて下さる、おじちゃん!
伊藤さんがいらっしゃいます。自分にはこんなことしかできないから~。
とトラックで、かれこれ5回は運んで下さっているでしょうか。

本当に助かっております。ありがとうございます!
おかげで暖かな冬を過ごさせて頂いてます。


e0015223_21555823.jpg

小さな子たちと、わっせ!わっせ!!と運びました~。
そして、いつも伊藤さんのスーパー素敵な笑顔をありがとう!

e0015223_21565899.jpg



# by freekids | 2015-01-23 21:57 | 日常のひとコマ

e0015223_05100757.jpg


私たち大家族も、みんな元気に新しい年を迎えることが出来ました。

ありがとうございます。

こうして縁でつながっている大家族。

なぜだか昔から知っているような、そんな気がする人ばかりです。

こうして集い祝うことのできることを幸せだなって感じます。


e0015223_05032638.jpg
e0015223_05033763.jpg


おとそは、小さい順に頂いていくのですが、

孝子さんが「ちょっとなめるぐらいよ」とNちゃんに言ったら、

Nちゃんは、ご丁寧にちゃんと舌でペロッと舐めていました。かわいい(笑)


さてさて午後からは、この集落の獅子舞の奉納です。


e0015223_05040645.jpg
e0015223_05042756.jpg


本年も皆さまが笑顔のあふれる一年になりますように。


感謝と愛を込めて

認定NPO法人 フリーキッズ・ヴィレッジ



# by freekids | 2015-01-13 05:10 | 日常のひとコマ

e0015223_04525194.jpg


午前中には、ニュースレターの発送も無事に終えて、

なんとか里帰りメンバーのおかげで大晦日を迎えられました。

ニュースレターづくりに相当まいっていた様子で、

初夢も、ニュースレターの印刷が終わらない!!

という夢で、何とも重苦しい年明けでした。。とほほ。


e0015223_04521101.jpg


あと、大晦日は、ずっと貼れずにいた障子貼りや、

どうしてかな?新しい障子を張っても、毎年破れてしまい、

無傷のままで年を明けられない障子の穴ふさぎ。

などの大掃除部隊やら。

そして、おせちづくりや、年越しそば打ち!などてんこ盛り。


e0015223_04511611.jpg

e0015223_04512886.jpg

e0015223_04584098.jpg


とってもかわいい、手先が器用なおせちづくり班!

錦玉子を作るため、ゆで卵の皮むき中!


e0015223_04523724.jpg

玄関先では、なにやら、気持ちよく年を明けるために、

のりたけbarbarが開店中です。



e0015223_04531491.jpg


夜には囲炉裏をあけて、炭火を囲んで、ゆっくりと。


今年はどんな年だったのか?そして来年はどんな年にしたいかを語り合いました。

自分の深いところにある思いを、火を真ん中にして、みんなに語れること。

それって昔々から私たち人間が繰り返してきたことのような気がします。

思いを分かち合うこと、分けること、そして分けてもらえること、

それはお互いに大きな前に進む力になると思います。


私は、午後6時くらいに、ちょっと10分休んでくると言って、、、

起きたら年が明けていた!!

という新年でした~。残念。

でも、大好きな家族のみんなに、

「みんなが健康で笑顔あふれる年でありますように」と願いを込めて、

おせちを作れることが、幸せなんだな~とつくづく感じた年の終わりでした。


e0015223_04562151.jpg


# by freekids | 2015-01-13 05:02 | 日常のひとコマ

e0015223_04450477.jpg

e0015223_04454500.jpg


毎年、年末に催される、フリーキッズ恒例!

餅つき耐久レースが行われました~。

搗く餅の量が半端ではないのです、、、20臼。。

こちらに来る前に、筋トレを久しぶりにしてしまった、しょうちゃん。

猫背になってました。
毎年来てくれる、いっちょ、愚大さんと静和さん、
去年は、愚大さんの頭からありがたい湯気が上がってました。
みなさん、本当にありがとうございました。


e0015223_04453192.jpg
e0015223_04460939.jpg
e0015223_04470292.jpg


# by freekids | 2015-01-13 04:49 | 日常のひとコマ

【 新!!釜戸登場! 】

e0015223_04421242.jpg


玄関先に釜戸が、かつてあったのですが、

老朽化していたため、玄関を綺麗にするときに取り壊しまして、

この度、頂いたご寄附で、新しい釜戸がようやく取り付けられました!

みみみさん、ありがとうございます!
また玄米10合、釜戸炊きが復活!で~す。



e0015223_04423971.jpg


# by freekids | 2015-01-13 04:43 | 日常のひとコマ

e0015223_04383849.jpg



アメリカからのwwooferのエミリーが、約1ケ月間、一緒に生活してくれました。

とても日本語が上手で、穏やかで、気配り上手なエミリー。

エミリーの漬けてくれた「野沢菜ピクルス」は、絶品でした!!

そしてWEBデザイナーなので、ケーキの盛り付けも芸術的。

薪運びの力仕事から、玄米10合の表紙づくりまで、本当に助かりました。ありがとう!
小さなYちゃんも、夜寝る前に「エミリーは?」と時々きくそうな。

子どもたちとも仲良くしてくれて、ありがとう!



e0015223_04400764.jpg


e0015223_04390974.jpg


# by freekids | 2015-01-13 04:40 | 日常のひとコマ

孝子からの山里便り

e0015223_00064096.jpg


 新しい年を迎え、瞬く間に過ぎていく日常から足を止め、命の営みに改めて感謝し、与えていただくこれからの一日一日を大切にできる自分であることを願っています。

 日々、子どもたちと歩ませてもらい有難いことばかりですが、私自身の暮らしのリズムは、自然の営みに追いつけずに年を越してしまった気がしています。けれど、フリーキッズの地給知足生活における季節ごとの毎年変わらない働きのおかげで、自然と共にある命を感じさせていただいています。

 多くの方と喜びも悲しみも分かち合えることが、何よりもありがたい人生なのだと思います。こどもたちとの暮らしのおかげで、本当に多くの方々の善意、暖かさ、優しさ、寛大さをいただいています。お一人お一人を思い浮かべると涙がこぼれそうになるほど、ありがたいことばかりです。「誰もが心豊かに平和に生きられますように」という願いが、すでにかなっているような気さえしてきます。

 こどもたちとの暮らしを重ねるうちに、“現実”と“真実”の違いに気づかせていただき、“真実”を大切にして“現実”を見つめてみると、何も問題はないのだと、ますます「大丈夫感」がゆるぎないものになってきました。問題は、事実を問題だと捉える私たちの心が作った評価であり、本当はいつも私たちは大丈夫なのです。一見、大変そうに思える状況も、私たちの学びや気づきのためのギフトです。フリーキッズを始めて11年が過ぎ、子どもたちにより、真実に向かって導かれ続けている豊かな人生を歩ませていただいています。

 「本当に大丈夫なのかな?」と小さな不安をかき消すように「大丈夫、大丈夫」と、子どもたちに声掛けをしていた11年前から、こんなに自信を持って「みんな誰でも大丈夫、どんな状況でも大丈夫」と、思えるようになり、心強くありがたく感じています。

 子どもたちが安心して安全に暮らせるための大人の養育力とは、まず周りの大人たちが安定した心で、子どもたちに安定した日常生活の基盤を提供する力のことだと思います。けれど、この養育力が弱くなっている、日本の現代社会です。生活が便利で多様化した分、慌ただしい現実と真実との距離がひらき、生かされている命への感謝という真実を感じにくい日常になっていると思います。私たち大人が、目まぐるしく変わる現実に翻弄されると、子どもたちに安定した生活基盤を提供することが難しくなります。

 自然の力が息づく山里の暮らしを覗き、生かされている命への感謝を実感する時間をふやして下さい。お越し頂けるのをお待ちしております。 

皆様の心豊かで平和な一年をお祈り申し上げます。


愛と感謝をこめて  宇津孝子


# by freekids | 2015-01-04 00:07 | たかこからの山里便り

e0015223_21253436.jpg



きのうは、てっちゃんのお誕生日でした。

70歳・古希を迎え、ますます元気なてっちゃんです。

コキ使われる古希です。。と言ってましたが、

本当に本当にてっちゃんのお陰で成りたっているこの自給暮らしです。

本当にいつもありがとう。

身体を大切に、お酒を飲みすぎずに、

これからも元気で、あったかい笑顔で私たちを包んでね。



e0015223_21264853.jpg


# by freekids | 2014-12-14 21:28

e0015223_10231048.jpg


こんにちは。12月29-30日に東京から子どもたちが20名ほど

一泊の体験活動でやってきます!

詳しい内容はまだ詰めれてないのですが、

29日の午後にお馬さんのお世話や乗馬体験、

30日朝からお餅つき・しめ縄飾りづくりをしたいと思っています。

子どもたちと関わりたい方や餅つきをつくパワーのある方たち、

ぜひぜひお手伝い待ってます!!

なんと!フリーキッズでは毎年、20臼(40升ほど)の餅をついています!


人数に限りがあるかと思いますが、東京からですと、

子どもたちとチャーターしたバスに相乗りして来れるようです。


ご連絡お待ちしております。office@freekids.jp まで

去年の餅つきの写真を添付しま~す。


e0015223_10241488.jpg

e0015223_10244460.jpg

e0015223_10250414.jpg






# by freekids | 2014-12-03 10:26 | 日常のひとコマ
突如現れた!薪の山!!
なんと、近くの方が、トラック一杯の薪を積んで持ってきて下さいました!
「お名前は?」とたずねても、「いやー、名乗ることもありませんから」と言って
颯爽と帰っていきました。

ただ今、来年・再来年の薪を考えると、、足りないかも、、、、
薪づくりに精を出さないと凍える、、
と思いながら、畑のこと、子どもたちのこと、事務や会計作業、、、などに追われて
なかなか人手がなくできずにいるので、とってもとっても助かりました。
ほんと命にかかわることですので、命拾いです。
ありがとうございます。

本当にみなさまのお力添えにより、子どもたちの場が支えられていることを感じます。

今日も夜にお風呂から上がってくると、
「子どもがこんなにいらんって言って、だから鍋出して!」
と突如現れた、お世話になっているおばちゃんに言われるがままに
一番大きな鍋をとりあえず出したら、入りきらない量の煮ものがっ!すごすぎる!!
昔物語のごんぎつねのように、野菜やらおかずやらを気づいたら家先においてくれていたおばちゃん。
三年間は名前も、そしていったい誰なのかも分からないでいたのです。
いやはや、すごい人とは、身近に存在しているのですね。

そしてやっと薪のおじちゃんの名前も知りました。伊藤さん。
笑顔がピカイチ!!
こんな笑顔はみたことない!!ってぐらいすごい人なのです。

いやー、ほんと凄すぎます!頭が下がります。




# by freekids | 2014-11-28 21:51 | 日常のひとコマ
ご支援・ご協力・活動費のご寄附をいただき、誠にありがとうございます。

11月13日県庁にて認定式がおこなわれ、この度、認定NPO法人を取得しました。
認定されたことにより、寄付者が税制上の優遇措置を受けられるようになります。

フリーキッズ・ヴィレッジでは、
自然の中での自給自足の共同生活を通して、自己肯定感を高める場として
県内外から子どもたちを受け入れています。
また、3.11以降、自給的な暮らしを体験してみたいというお問い合わせが
増えてきているように感じます。
小さなお子さんを連れてのファームステイをされるご家族。
東京で生まれ育った大学生の若者たち。
若い世代が関心を寄せ故郷のように通い詰めています。
また、放射能避難として、家族ではまだ動けないため、
子どもたちだけの受け入れもしています。

安心できる場・安全な場がますます求められている現在。
「自然とつながり、人とつながる暮らし。」
その暮らしの実践を通して、
大切な宝物を見つけていけるのではないでしょうか。

この活動を次世代にバトンタッチすることを考えると、
経済的に活動が安定していくことがとても大切になります。

認定を契機にさらに活動の場が広がればと思っております。
これからもどうぞご支援のほど、宜しくお願い致します。

『誰もが心豊かに、平和に生きられますように』

感謝と願いをこめて
フリーキッズ・ヴィレッジ

e0015223_18050413.jpg




# by freekids | 2014-11-18 18:29 | 日常のひとコマ

【 男手☆大募集!! 】

e0015223_11235270.jpg


寒くなってきました。
フリーキッズでは薪のお風呂に、薪ストーヴとこれから薪をたくさん使います。
家の周りに薪を積んだり、木端を集めたり、人手が必要です!
ぜひぜひ一緒に身体を動かし、美味しくご飯を頂きましょう!
皆さんのお力添えお待ちしております。

# by freekids | 2014-11-10 11:24 | 日常のひとコマ

【 ☆村の文化祭☆ 】

e0015223_21044105.jpg



とってもローカルで気合の入った三義地区の文化祭!

赤ちゃんからおじいちゃん・おばあちゃんまでみんな参加する文化祭です。

みんな楽しんでいて、あっぱれ!!

来年はフリーキッズも皆と企画して参加したいね!

チョーおバカな笑える劇をしようよ!!(BYのりたけ)

さあ!来年が楽しみです!!


e0015223_21052841.jpg


# by freekids | 2014-11-06 21:06 | 日常のひとコマ

e0015223_11132751.jpg



収穫祭に参加してくれた皆さん、

そしてお田植えや草刈りなど農のお手伝いをしてくださった皆さん、

ほんと、皆さんのお陰で今年もたくさんの実りを頂くことが出来ました。

本当にありがとうございます。


準備から一緒に関わってくれた皆、

なんだか皆が実家に帰ってきた家族のように感じられ、

こうして縁でつながる家族として、収穫のお祝いをすることができて、

とってもとっても幸せでした。ありがとう!


e0015223_11251933.jpg

e0015223_11165836.jpg



フリーキッズ・ヴィレッジも、うずまきファミリーも、

課題を抱える子どもたちを受け入れながら、そして大人たちが共に歩みながら、

大きな自然に、大きな宇宙に包み込まれている、豊かな舟のようなこの小舟。


神さまの力が、仏様の力が、大きく包み込み、

そして一人ひとりのその中に、その力が宿っていることに気づかせてくれる。



e0015223_11173271.jpg


e0015223_11155196.jpg


e0015223_11204840.jpg


e0015223_11213306.jpg


e0015223_11220760.jpg



いつも、ありがとうございます。
そして、これからも私たちを宜しくお願いします。


愛と感謝を込めて 

フリーキッズ・ヴィレッジより




# by freekids | 2014-11-06 11:26 | 最新イベント情報


before

e0015223_20005375.jpg




雨が降る前に草刈りをしたら、大豆の間から顔を出した子、みーつけた。



after


e0015223_20012587.jpg




こんなに大きくなってきました。

ちっちゃい子もいるけれど。
みんなで囲むお鍋がたのしみです。

# by freekids | 2014-10-20 20:02 | 日常のひとコマ

【 栗の渋皮染め 】

e0015223_19163851.jpg




栗の渋皮煮をつくっていると、アク抜きをした後の汁が、とっても綺麗。

ってことで、染めてみました。


今日は雨。

雨のお仕事。

雨の時間。



e0015223_19165178.jpg


# by freekids | 2014-10-15 19:17 | 日常のひとコマ

たかこからの山里たより

e0015223_13043382.jpg



 山里の家のまわりには、栗やくるみが天から届けられ、祝福を受けているかのようにありがたく感じる秋の日々です。一方、身近に感じている御嶽山の噴火で、私たちの日常生活は、絶妙なバランスを保つ地球の営みの上にあることを痛感しています。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 私たちを育む大きな自然に感謝をしながら、稲刈りが始まりました。一株ずつ稲を手で刈り、去年稲を脱穀した後のワラで束ね、天日干しをしています。自然の恵みとして私たちの主食であるお米を、こうして自分たちの手作業でいただけることに心から感謝の思いでいっぱいです。1歳から18歳の里子のこどもたち5人も一緒に稲刈りをしました。私にとって、極上の至福の時間です。

 大いなるはたらきにより、この世にいただいた私たちの命、そして日々生きるために必要なものはすべて与えられ、守られている命です。すでに日々すべてをいただいているこの人生で、何をどれだけお返しできるのか。私は、この人生でいただいたすべてをできる限り次世代のこどもたちにお返ししていきたいと思っています。こどもたちが、大切に慈しまれながら成長していかれる、安心なコミュニティの一員でありたいです。

 経済的に豊かになり、モノと情報に溢れたこの社会で、家庭や家族の役割が大きく変わってきています。私自身、息子が5歳の時に夫が他界し、シングルマザーとなりましたが、この11年間、大家族の“かあちゃん”をやらせてもらってきています。ですからいわゆる“普通の家庭”というものを知りませんが、多くの家庭の母親が仕事を持ち、日中は母親不在で、子どもが帰宅時に家に誰もいない状況が増えていると思います。こどもにとっておとなが留守の家は、何だか不安で落ち着かないものだと思います。その落ち着かなさが、日常の当たり前になり、子どもたちの不安定な心模様を描いているのではないでしょうか。

 子どもにとって、家族とのつながりが何よりも大きな安心だと思います。けれど、その安心が得られない社会的養護が必要とされている子どもたちが、日本には47千人もいます。フリーキッズ・ヴィレッジは、不登校で学校という居場所をなくした子どもたちや、フリーキッズと家をシェアしている“うずまきファミリー”の社会的養護を必要とする子どもたちにはもとより、どんな方にも、人と自然とのつながりの中で安心して心豊かに生きられることを実感していただけるように、山里での大家族自給暮らし体験を提供しています。

 すべてのおとなたちからすべての子どもたちへと、「地球に給わり足るを知る(地給知足)」暮らしを伝えたい、と願うおとなたちが集まり、昔は当たり前だった村社会(子育てコミュニティ)が新たに作れると思えています。子どもたちの笑顔に日々エネルギーをいただきながら、「誰もが心豊かに平和に生きられますように」と願い続ける毎日です。

 すべての恵みに感謝の思いをこめて、収穫祭を致します。冬を迎える前の山里に、是非足をお運びください。お待ちしています。 

         

愛と感謝をこめて  宇津 孝子


# by freekids | 2014-10-13 13:05 | たかこからの山里便り