信州の山里にある寄宿生活塾の暮らし


by freekids
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

【 新!!釜戸登場! 】

e0015223_04421242.jpg


玄関先に釜戸が、かつてあったのですが、

老朽化していたため、玄関を綺麗にするときに取り壊しまして、

この度、頂いたご寄附で、新しい釜戸がようやく取り付けられました!

みみみさん、ありがとうございます!
また玄米10合、釜戸炊きが復活!で~す。



e0015223_04423971.jpg


# by freekids | 2015-01-13 04:43 | 日常のひとコマ

e0015223_04383849.jpg



アメリカからのwwooferのエミリーが、約1ケ月間、一緒に生活してくれました。

とても日本語が上手で、穏やかで、気配り上手なエミリー。

エミリーの漬けてくれた「野沢菜ピクルス」は、絶品でした!!

そしてWEBデザイナーなので、ケーキの盛り付けも芸術的。

薪運びの力仕事から、玄米10合の表紙づくりまで、本当に助かりました。ありがとう!
小さなYちゃんも、夜寝る前に「エミリーは?」と時々きくそうな。

子どもたちとも仲良くしてくれて、ありがとう!



e0015223_04400764.jpg


e0015223_04390974.jpg


# by freekids | 2015-01-13 04:40 | 日常のひとコマ

孝子からの山里便り

e0015223_00064096.jpg


 新しい年を迎え、瞬く間に過ぎていく日常から足を止め、命の営みに改めて感謝し、与えていただくこれからの一日一日を大切にできる自分であることを願っています。

 日々、子どもたちと歩ませてもらい有難いことばかりですが、私自身の暮らしのリズムは、自然の営みに追いつけずに年を越してしまった気がしています。けれど、フリーキッズの地給知足生活における季節ごとの毎年変わらない働きのおかげで、自然と共にある命を感じさせていただいています。

 多くの方と喜びも悲しみも分かち合えることが、何よりもありがたい人生なのだと思います。こどもたちとの暮らしのおかげで、本当に多くの方々の善意、暖かさ、優しさ、寛大さをいただいています。お一人お一人を思い浮かべると涙がこぼれそうになるほど、ありがたいことばかりです。「誰もが心豊かに平和に生きられますように」という願いが、すでにかなっているような気さえしてきます。

 こどもたちとの暮らしを重ねるうちに、“現実”と“真実”の違いに気づかせていただき、“真実”を大切にして“現実”を見つめてみると、何も問題はないのだと、ますます「大丈夫感」がゆるぎないものになってきました。問題は、事実を問題だと捉える私たちの心が作った評価であり、本当はいつも私たちは大丈夫なのです。一見、大変そうに思える状況も、私たちの学びや気づきのためのギフトです。フリーキッズを始めて11年が過ぎ、子どもたちにより、真実に向かって導かれ続けている豊かな人生を歩ませていただいています。

 「本当に大丈夫なのかな?」と小さな不安をかき消すように「大丈夫、大丈夫」と、子どもたちに声掛けをしていた11年前から、こんなに自信を持って「みんな誰でも大丈夫、どんな状況でも大丈夫」と、思えるようになり、心強くありがたく感じています。

 子どもたちが安心して安全に暮らせるための大人の養育力とは、まず周りの大人たちが安定した心で、子どもたちに安定した日常生活の基盤を提供する力のことだと思います。けれど、この養育力が弱くなっている、日本の現代社会です。生活が便利で多様化した分、慌ただしい現実と真実との距離がひらき、生かされている命への感謝という真実を感じにくい日常になっていると思います。私たち大人が、目まぐるしく変わる現実に翻弄されると、子どもたちに安定した生活基盤を提供することが難しくなります。

 自然の力が息づく山里の暮らしを覗き、生かされている命への感謝を実感する時間をふやして下さい。お越し頂けるのをお待ちしております。 

皆様の心豊かで平和な一年をお祈り申し上げます。


愛と感謝をこめて  宇津孝子


# by freekids | 2015-01-04 00:07 | たかこからの山里便り

e0015223_21253436.jpg



きのうは、てっちゃんのお誕生日でした。

70歳・古希を迎え、ますます元気なてっちゃんです。

コキ使われる古希です。。と言ってましたが、

本当に本当にてっちゃんのお陰で成りたっているこの自給暮らしです。

本当にいつもありがとう。

身体を大切に、お酒を飲みすぎずに、

これからも元気で、あったかい笑顔で私たちを包んでね。



e0015223_21264853.jpg


# by freekids | 2014-12-14 21:28

e0015223_10231048.jpg


こんにちは。12月29-30日に東京から子どもたちが20名ほど

一泊の体験活動でやってきます!

詳しい内容はまだ詰めれてないのですが、

29日の午後にお馬さんのお世話や乗馬体験、

30日朝からお餅つき・しめ縄飾りづくりをしたいと思っています。

子どもたちと関わりたい方や餅つきをつくパワーのある方たち、

ぜひぜひお手伝い待ってます!!

なんと!フリーキッズでは毎年、20臼(40升ほど)の餅をついています!


人数に限りがあるかと思いますが、東京からですと、

子どもたちとチャーターしたバスに相乗りして来れるようです。


ご連絡お待ちしております。office@freekids.jp まで

去年の餅つきの写真を添付しま~す。


e0015223_10241488.jpg

e0015223_10244460.jpg

e0015223_10250414.jpg






# by freekids | 2014-12-03 10:26 | 日常のひとコマ
突如現れた!薪の山!!
なんと、近くの方が、トラック一杯の薪を積んで持ってきて下さいました!
「お名前は?」とたずねても、「いやー、名乗ることもありませんから」と言って
颯爽と帰っていきました。

ただ今、来年・再来年の薪を考えると、、足りないかも、、、、
薪づくりに精を出さないと凍える、、
と思いながら、畑のこと、子どもたちのこと、事務や会計作業、、、などに追われて
なかなか人手がなくできずにいるので、とってもとっても助かりました。
ほんと命にかかわることですので、命拾いです。
ありがとうございます。

本当にみなさまのお力添えにより、子どもたちの場が支えられていることを感じます。

今日も夜にお風呂から上がってくると、
「子どもがこんなにいらんって言って、だから鍋出して!」
と突如現れた、お世話になっているおばちゃんに言われるがままに
一番大きな鍋をとりあえず出したら、入りきらない量の煮ものがっ!すごすぎる!!
昔物語のごんぎつねのように、野菜やらおかずやらを気づいたら家先においてくれていたおばちゃん。
三年間は名前も、そしていったい誰なのかも分からないでいたのです。
いやはや、すごい人とは、身近に存在しているのですね。

そしてやっと薪のおじちゃんの名前も知りました。伊藤さん。
笑顔がピカイチ!!
こんな笑顔はみたことない!!ってぐらいすごい人なのです。

いやー、ほんと凄すぎます!頭が下がります。




# by freekids | 2014-11-28 21:51 | 日常のひとコマ
ご支援・ご協力・活動費のご寄附をいただき、誠にありがとうございます。

11月13日県庁にて認定式がおこなわれ、この度、認定NPO法人を取得しました。
認定されたことにより、寄付者が税制上の優遇措置を受けられるようになります。

フリーキッズ・ヴィレッジでは、
自然の中での自給自足の共同生活を通して、自己肯定感を高める場として
県内外から子どもたちを受け入れています。
また、3.11以降、自給的な暮らしを体験してみたいというお問い合わせが
増えてきているように感じます。
小さなお子さんを連れてのファームステイをされるご家族。
東京で生まれ育った大学生の若者たち。
若い世代が関心を寄せ故郷のように通い詰めています。
また、放射能避難として、家族ではまだ動けないため、
子どもたちだけの受け入れもしています。

安心できる場・安全な場がますます求められている現在。
「自然とつながり、人とつながる暮らし。」
その暮らしの実践を通して、
大切な宝物を見つけていけるのではないでしょうか。

この活動を次世代にバトンタッチすることを考えると、
経済的に活動が安定していくことがとても大切になります。

認定を契機にさらに活動の場が広がればと思っております。
これからもどうぞご支援のほど、宜しくお願い致します。

『誰もが心豊かに、平和に生きられますように』

感謝と願いをこめて
フリーキッズ・ヴィレッジ

e0015223_18050413.jpg




# by freekids | 2014-11-18 18:29 | 日常のひとコマ

【 男手☆大募集!! 】

e0015223_11235270.jpg


寒くなってきました。
フリーキッズでは薪のお風呂に、薪ストーヴとこれから薪をたくさん使います。
家の周りに薪を積んだり、木端を集めたり、人手が必要です!
ぜひぜひ一緒に身体を動かし、美味しくご飯を頂きましょう!
皆さんのお力添えお待ちしております。

# by freekids | 2014-11-10 11:24 | 日常のひとコマ

【 ☆村の文化祭☆ 】

e0015223_21044105.jpg



とってもローカルで気合の入った三義地区の文化祭!

赤ちゃんからおじいちゃん・おばあちゃんまでみんな参加する文化祭です。

みんな楽しんでいて、あっぱれ!!

来年はフリーキッズも皆と企画して参加したいね!

チョーおバカな笑える劇をしようよ!!(BYのりたけ)

さあ!来年が楽しみです!!


e0015223_21052841.jpg


# by freekids | 2014-11-06 21:06 | 日常のひとコマ

e0015223_11132751.jpg



収穫祭に参加してくれた皆さん、

そしてお田植えや草刈りなど農のお手伝いをしてくださった皆さん、

ほんと、皆さんのお陰で今年もたくさんの実りを頂くことが出来ました。

本当にありがとうございます。


準備から一緒に関わってくれた皆、

なんだか皆が実家に帰ってきた家族のように感じられ、

こうして縁でつながる家族として、収穫のお祝いをすることができて、

とってもとっても幸せでした。ありがとう!


e0015223_11251933.jpg

e0015223_11165836.jpg



フリーキッズ・ヴィレッジも、うずまきファミリーも、

課題を抱える子どもたちを受け入れながら、そして大人たちが共に歩みながら、

大きな自然に、大きな宇宙に包み込まれている、豊かな舟のようなこの小舟。


神さまの力が、仏様の力が、大きく包み込み、

そして一人ひとりのその中に、その力が宿っていることに気づかせてくれる。



e0015223_11173271.jpg


e0015223_11155196.jpg


e0015223_11204840.jpg


e0015223_11213306.jpg


e0015223_11220760.jpg



いつも、ありがとうございます。
そして、これからも私たちを宜しくお願いします。


愛と感謝を込めて 

フリーキッズ・ヴィレッジより




# by freekids | 2014-11-06 11:26 | 最新イベント情報


before

e0015223_20005375.jpg




雨が降る前に草刈りをしたら、大豆の間から顔を出した子、みーつけた。



after


e0015223_20012587.jpg




こんなに大きくなってきました。

ちっちゃい子もいるけれど。
みんなで囲むお鍋がたのしみです。

# by freekids | 2014-10-20 20:02 | 日常のひとコマ

【 栗の渋皮染め 】

e0015223_19163851.jpg




栗の渋皮煮をつくっていると、アク抜きをした後の汁が、とっても綺麗。

ってことで、染めてみました。


今日は雨。

雨のお仕事。

雨の時間。



e0015223_19165178.jpg


# by freekids | 2014-10-15 19:17 | 日常のひとコマ

たかこからの山里たより

e0015223_13043382.jpg



 山里の家のまわりには、栗やくるみが天から届けられ、祝福を受けているかのようにありがたく感じる秋の日々です。一方、身近に感じている御嶽山の噴火で、私たちの日常生活は、絶妙なバランスを保つ地球の営みの上にあることを痛感しています。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 私たちを育む大きな自然に感謝をしながら、稲刈りが始まりました。一株ずつ稲を手で刈り、去年稲を脱穀した後のワラで束ね、天日干しをしています。自然の恵みとして私たちの主食であるお米を、こうして自分たちの手作業でいただけることに心から感謝の思いでいっぱいです。1歳から18歳の里子のこどもたち5人も一緒に稲刈りをしました。私にとって、極上の至福の時間です。

 大いなるはたらきにより、この世にいただいた私たちの命、そして日々生きるために必要なものはすべて与えられ、守られている命です。すでに日々すべてをいただいているこの人生で、何をどれだけお返しできるのか。私は、この人生でいただいたすべてをできる限り次世代のこどもたちにお返ししていきたいと思っています。こどもたちが、大切に慈しまれながら成長していかれる、安心なコミュニティの一員でありたいです。

 経済的に豊かになり、モノと情報に溢れたこの社会で、家庭や家族の役割が大きく変わってきています。私自身、息子が5歳の時に夫が他界し、シングルマザーとなりましたが、この11年間、大家族の“かあちゃん”をやらせてもらってきています。ですからいわゆる“普通の家庭”というものを知りませんが、多くの家庭の母親が仕事を持ち、日中は母親不在で、子どもが帰宅時に家に誰もいない状況が増えていると思います。こどもにとっておとなが留守の家は、何だか不安で落ち着かないものだと思います。その落ち着かなさが、日常の当たり前になり、子どもたちの不安定な心模様を描いているのではないでしょうか。

 子どもにとって、家族とのつながりが何よりも大きな安心だと思います。けれど、その安心が得られない社会的養護が必要とされている子どもたちが、日本には47千人もいます。フリーキッズ・ヴィレッジは、不登校で学校という居場所をなくした子どもたちや、フリーキッズと家をシェアしている“うずまきファミリー”の社会的養護を必要とする子どもたちにはもとより、どんな方にも、人と自然とのつながりの中で安心して心豊かに生きられることを実感していただけるように、山里での大家族自給暮らし体験を提供しています。

 すべてのおとなたちからすべての子どもたちへと、「地球に給わり足るを知る(地給知足)」暮らしを伝えたい、と願うおとなたちが集まり、昔は当たり前だった村社会(子育てコミュニティ)が新たに作れると思えています。子どもたちの笑顔に日々エネルギーをいただきながら、「誰もが心豊かに平和に生きられますように」と願い続ける毎日です。

 すべての恵みに感謝の思いをこめて、収穫祭を致します。冬を迎える前の山里に、是非足をお運びください。お待ちしています。 

         

愛と感謝をこめて  宇津 孝子


# by freekids | 2014-10-13 13:05 | たかこからの山里便り
【☆11月のイベント情報☆】


e0015223_13295632.jpg



2014年11月2日(日)  収穫祭!
囲炉裏で五平餅をつくり、お膳を出してお祝いしましょ。

11月3日(文化の日) ローカルな三義の文化祭!

11月16日(日) わくわくみんなでかもそう!麹づくり♪
ほかほかと発酵熱をもって、こうじ菌が生きているって感じられることが心地よし。

11月23日(日) たくあん&野沢菜漬けつくり
冬に向けて保存食づくり。おばあちゃんの知恵をいっしょに学び、生きた知恵にましょう。


e0015223_13293079.jpg



e0015223_13301403.jpg



e0015223_13302806.jpg


# by freekids | 2014-10-01 13:32 | 最新イベント情報

日曜日の稲刈り

e0015223_07453635.jpg


e0015223_07470809.jpg



毎日、稲刈り三昧です。
日曜日は東京から参加してくれた小学生の女の子とお母さん、
そしてお隣さんの子ども達と一緒に賑やかな稲刈りです。

きらきら光る秋の日差しに包まれて、
私たちも光の子のような気がしてきます。
そういえば、依然読んだ本の一説を思い出します。


e0015223_07460375.jpg





ー Children of the Rainbow ー
ハワイのモロカイ族に残る言い伝えより

どの子どもも完璧な光で満たされたボウルを持って生まれる
その気になれば光はさらに輝きを増し
サメと泳いだり、鳥と一緒に空を飛んだり、
どんなことでも理解できるようになる

ただ嫉妬や怒りを持つようになると
石ころをボウルに入れていくことになり、
やがて光は消えていき、
しまいには
その子は石ころになってしまうだろう。

でももし石ころでいることが嫌になったら、
いつでもボウルをひっくり返しさえすれば
また光り輝くのだ。



e0015223_07502419.jpg



# by freekids | 2014-09-29 07:50 | 日常のひとコマ

【 稲刈りスタート☆ 】

e0015223_19430449.jpg




e0015223_19443863.jpg




今日から稲刈りが始まりました。

手刈りでザクザクと刈っていく音、ザッザッと穂がすれ合う音、そして藁で束ねてゆく。

その手ごたえがたまらなし。

てっちゃんとはるちゃんと私とりんごと。仲良く稲刈り。

はるちゃんのパンプキンケーキのおやつ付きだよ。



e0015223_19452772.jpg




私は、村の豊年まつりに参加しなかったので、八幡様にお参りできてませんでした。

でもお参りせずに稲刈りを始めるって、すごく気持ちの悪いものですね。

お昼にりんごとお参りして、ありがとうございましたとお伝えしました。

お米を育てるっていうけれど、やはり育てるっていうよりも、

大きな力に感謝を捧げずにはいられないものです。

こうして全てが頂いていると感じられることが、

安心な心・平和な心につながり、大丈夫が大きく広がっていくような気がします。



e0015223_19460681.jpg



e0015223_19441380.jpg


e0015223_20014084.jpg


# by freekids | 2014-09-26 19:48 | 日常のひとコマ

てっちゃん!!大回転っ!!!

e0015223_10414271.jpg

秋が深まってきましたね。もうすぐ稲刈りが始まります。
フリーキッズでは手刈りで、稲を刈っていきます。
稲を刈るときのたわわに実った稲穂のずっしり感は感謝の重みです。
それは人として、大きな心の収穫として育まれていくものだと思います。
皆様も野良着姿で、ぜひぜひ味わいに来て下さいね。お待ちしております。
連休は、みんなで高い秋空の元、一緒に汗をながしましょ。
お米が美味しいこと、間違いなしだよ!!

持ち物は、野良着(汚れてもいい服装)・タオル・水筒・長靴・帽子・軍手です。
長靴の予備もありますが、あまりサイズがそろってはいません。

参加費は特にありません。

昼食を一緒にする場合は、500円お願いします。
また宿泊(1泊2日)は、4,000円(大人)、2,000円(子ども)、
子どものみの参加の場合は、1日につき5,000円となります。
※すべての料金が税抜価格の表記になっております。

9月25日~10月13日を稲刈り予定しておりますが、
天候によって変わりますので、お問い合わせください。

# by freekids | 2014-09-25 21:47 | 最新イベント情報

秋刀魚まつり!

e0015223_11214330.jpg



ひげっちから、産地直送!とれたて秋刀魚をいただきました!!
炭火焼で秋刀魚を焼きまして、せっせとお刺身にして、
梅と一緒に煮て、そんで初めてトマトとアワと一緒に炊いてみました。
どれもこれも美味しくて、舌鼓を打ちながら、秋を感じさせてくれます。


e0015223_11220755.jpg


# by freekids | 2014-09-25 11:22 | 日常のひとコマ

助っ人参上!!

e0015223_10525634.jpg



石巻でひまわりを育てる活動をしていたジョッキー。
今は拠点を大分に移して、あさりの養殖の仕事をしています。
車で石巻から大分への移動の途中に、フリーキッズに寄ってくれました。
そしてなんと!!1日半ほどで、この薪の量!!!
大変助かりました。ありがとう!!

よっさんが不在で、さみしそうな馬のマダムも
傍で薪割りをしていてくれて、嬉しそうでした。


e0015223_10530750.jpg


e0015223_10532352.jpg

ぺこり。 ( By りんご )

# by freekids | 2014-09-25 10:59 | 日常のひとコマ

e0015223_16242321.jpg


里守キャンプの最終日には、発酵食のお味噌・醤油の天地返しをしました。

空気をおくって、発酵を促します。

お味噌の樽に手、というか腕まで突っ込むと、肌がかゆくなります。

なんだかお酒のような香りが、むほっと。酔っ払います。

てっちゃんにならないように注意しましょう。


e0015223_16252662.jpg


e0015223_16254876.jpg


味噌蔵をきれいにしてくれて、

これから野沢菜や沢庵を漬ける時期を気持ちよく迎えられます。

ありがとう!


e0015223_16274850.jpg


# by freekids | 2014-09-18 16:28 | 日常のひとコマ